2013年12月アーカイブ

これも勉強

| トラックバック(0)
プロ野球の観客動員数が発表されました。

巨人が、1試合平均41,042人で12球団最多だそうです。
去年よりも10%以上増えているんですね。
チームが強いだけではダメかも知れませんが、
やはり強くなくてはお話にならないのでしょうか。

因みに、中日は1試合平均29,044人で12球団ではソフトバンクに次いで4位。
去年は72試合で1試合平均29,777人ですから、
それと、現時点での観客動員数を比較すと0.9%減です。
現時点で、セ・リーグは前年同時期と比べて0.5%減ですから、
プロ野球人気の陰りを理由には出来ませんね。
今年の中日は監督以下首脳陣を大幅に替えて、
「ジョイナス!ファンと共に」ってキャッチフレーズでスタートしました。
観客動員を増やすべく、キャンプからファンサービスに力を入れて来ました。
去年を上回るペースで勝っていますから、本業の方でも頑張ってます。
それでも、結果に繋がりません。
観客を球場に呼ぶのって難しいんですね。

一方、今年低迷する阪神は1試合平均38,036人。
去年より10%近く減っているそうです。
それでも12球団では巨人に次いで2位なんです。
今年は昨日現在で40勝58敗で5位。
これだけ負けが込んでも、観客は球場に来てくれるんですね。
去年は68勝70敗で4位に終わりましたが、観客動員数は1試合平均40,256人。
巨人の37,736人を抜いて、観客動員数では12球団のトップでした。
ファンに愛される球団の鑑ですね。

中日も阪神に学ばねば!...何を学びましょう?
私も巻き爪ブロックがきいたことぐらいしか学んでませんねw。
個別指導の進学塾が人気となっていますが、ECCの個別指導塾ベストワンもやはり人気の理由は個別指導というスタイルにあるようです。
対象は小学生、中学生、高校生と幅広いので安心です。

個別指導にも種類があって1:2の指導と1:1のマンツーマン指導になっています。
ちなみに人気の家庭教師は1:1です。
全学年&全科目が対象なので、どれを選んでもしっかりと個別指導してもらえます。
学年はそれぞれに分かれていますが、中校一貫コースも用意されています。
個別指導では講師1人に生徒2人、講師1人に生徒1人のどちらかになります。

生徒2人の個別指導でも、同時に教えるものではないので徹底した指導を受けることができます。
授業スタイルには予習型を採用しています。
重要なポイントをあらかじめ学習しておくことで、学校の授業もスムーズに理解できるようになります。

公立中学生対象 英語・数学といった、苦手科目になりやすい科目には、20点アップを保証するなどECCならではの特典などもあります。

こちら(⇒http://www.tiptoptower.com/)のサイトでさらに詳しくみる

このアーカイブについて

このページには、2013年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年11月です。

次のアーカイブは2014年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

2016年7月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31